【憤怒】池袋暴走事故!87歳元院長が被害者に手紙を書いたらしいが…胸糞では?



4月19日に東京・池袋で発生した最悪の暴走事件。

10人が重軽傷、母子2人が命を奪われる結果となりました。

暴走者を運転していたのは、旧通産省工業技術院の飯塚幸三元院長

テレビで見る限り、87歳のおじいさんは、足元がおぼつかない様子で歩いています。

よくもそんな姿で運転を続けていたものだと、怒りを感じざるを得ません。

飯塚元院長が被害者宛に謝罪の手紙を出していたことが判明しましたが

その内容が胸糞なため、怒りの声が上がっています。

気になる続きは次のページ