【メディアとは一体?】現役時代の浅田真央選手!心ない質問やコメント。選手への敬意は?

浅田真央さんが語ったのは、2014年のソチオリンピック出場しのことでした。

日本中から期待されていることに関しては気丈な思いだったようです。

浅田真央:重圧になることはなかったかな。自分もメダルがほしかったから

街で声をかけられる事に関してもポジティブに捉えていたようです。

浅田真央:親戚が増えたみたいで、『真央ちゃん大きくなったね』とか言われると自分もそれで頑張ろうと思えたし温かい気持ちになれた

けれどもソチ五輪を終えて休む間も無く大会をこなし、結果が思うようについてこないという状況においては、プレッシャーを感じることもあったという。

浅田真央:すごく楽しい楽しいという思いでずっとやってきたので『無理かな……』と思った」と辛い日々を過ごしていたという。そして、「取材で『もう限界なんですか?』と聞かれて、つらいなって思うことがあった

気になる続きは次のページ