【涙が止まらない】親友の葬儀に派手な女装で現れた男性!そこには悲しすぎる理由が・・・涙腺崩壊

派手な女装をした親友の真意とは?


亡くなったケビンさんの親友、バリー・デラリーさん。

ケビンさんとバリーさんは、1番の親友でした。そして2人はこんな約束をしていました。

5年前にロイヤル・スコットランド連隊に所属していたケビンさんとバリーさんは、アフガンに派兵されました。そしてタリバンと戦っていたのです。目の前で仲間たちが次々に死んでいくのを目の当たりにしたバリーさんは、心が折れてしまったそうです。

するとケビンさんがバリーさんを元気づけるために、こんな事をいいました。

ケビン【何怖がってんだよ、大丈夫だって。万が一どっちがか死ぬことになったら、葬儀にはど派手なドレスを着ていくことにしようぜ。色はグリーンとピンクな】

ケビンさんとバリーさんが大親友だったことは、この写真を見れば誰でも分かります。

続きは次のページで!!